CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 「出会いの価値」 | main | 「論語と算盤」 >>
「リーダーの戦略とリスク」

2018年6月28日、サッカーワールドカップ・ロシア大会で日本の予選突破をかけた試合があった。予選突破は難しいとの大会前評判をはねのけて結果は見事、決勝トーナメント進出となった。この大事なポーランド戦で日本チーム西野監督がゲーム終盤に取った戦略に賛否が分かれている。引き分けなら予選突破という状況の中、0−1でリードされながら対象となるセネガルvsコロンビアの試合の状況から、引き分けを狙って点を取りに行くのではなく、そのままのスコアを維持することを選んだ。他方の試合で終盤10分の間にセネガルが1点取れば日本は敗退するという大きなリスクを選んだのである。当大会は終盤アディショナルタイムに点が入ることが多かったにもかかわらずである。試合は0−1で負けているのに日本は攻めずに時間を消費させることに当然ながら試合会場の非難が集中した。

この時のリーダーが選んだ戦略とリスクから考えさせられることが多かった。まずは目標を明確にすること。この場合の目標は「予選突破」であり、ポーランドに勝つ(もしくは引き分ける)ことではなかった。次にリスクの選択。セネガルがコロンビアに勝てば日本は負けてもOKだったが、コロンビアが1点リードしたために状況は複雑になった。残り時間が限られる中、日本は引き分けを狙って攻めて点を取る可能性と反撃されてさらに失点する可能性(0−2になると目標は達成できない)のリスクと、両方の試合がこのままのスコアで終わる可能性(この場合は目標を達成できる)からセネガルが引き分けに持ち込むリスクがあることも承知した上で後者のリスクを選択した。会場のブーイングもセネガルが1点取って日本が敗退する場合のすべての責任を西野監督は状況が変化したときに瞬時に背負ったのである。よほど肝が座っていなければこの決断ができるリーダーはそうはいないだろう。

このリーダーの戦略とリスクは、のちにMBAの授業のケーススタディに取り上げてもよいのではないかと思った。

結果的に日本は「試合に負けて、(予選突破という)勝負に勝った。」象徴的な出来事であったが、この後の決勝トーナメントでの活躍を期待したい。

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2019/04/02 10:56 AM |
コメントする